Loading...
ホーム 2016-10-15T14:05:40+00:00

私たちは革新的なi-αVLP技術を通じ、21世紀のグローバルな公衆衛生問題に取り組みます

テクノロジーについて
811, 2017

AERA 2017年11月13日号で VLP Therapeutics が紹介されました

AERA 2017年11月13日号で VLP Therapeutics が紹介されました

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19497

905, 2017

癌ワクチン開発をさらに推進するためTomyK Ltd. より転換社債による出資を獲得

2017年5月9日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグを拠点とする治療および予防用ワクチンと抗体医薬の研究開発に特化したバイオテクノロジー会社、以下、「VLP」) は、エンジェル投資家の鎌田富久博士から(同氏が運営するスタートアップ支援の会社TomyK Ltd.を通じて)、転換社債による出資を獲得したことを発表しました。TomyKでは、新しい市場を開拓し、革新的な技術で新産業を創出するテクノロジー・スタートアップをサポートしています。

1904, 2017

VLP Therapeuticsが免疫チェックポイントPD-1/PD-L1/PD-L2 挿入アルファウイルスVLPに関する重要な米国物質特許の登録査定を取得

本特許は免疫チェックポイントPD-1/PD-L1/PD-L2 挿入アルファウイルスVLPの物質ならびにがん治療への使用を保護します。

ワクチンは、過去数世紀における最も重要な発明の一つです。有効なワクチンは、地域的および世界的に流行する伝染病を根絶し、数百万人の命を救います。私は研究の現場を離れ、このVLP Therapeutics(社)を設立いたしました。そして現在有効な治療法がない病気への治療を目的とした次世代ワクチン技術の開発にコミットしております。弊社は、自社のi-αVLPワクチン技術が画期的な治療法を生み出し、世界の公衆衛生の改善に大きく貢献する可能性があると信じております。