2016年7月14日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグ、以下、「VLP Therapeutics」)は、マラリアワクチンの開発を推進するため、米国防総省から240万ドルの助成金を獲得したことを発表しました。 VLP Therapeuticsは、独自のワクチン技術に基づく予防及び治療ワクチンと次世代抗体医薬の研究開発を行うバイオテクノロジー企業です。

VLP Therapeuticsの創業者兼最高経営責任者である赤畑渉博士は、「米国防総省の助成金受賞者として選ばれたことを大変嬉しく思っています。マラリアは、世界で最も深刻な公衆衛生問題の一つであり、33億人の人々に感染の危険性があります。また、マラリアは米国の軍にも影響を与えており、20世紀の全ての闘争における犠牲者よりも、多くの犠牲者を出してきました。しかしながら、現在のところFDA(米国食品医薬品局)で承認されたマラリアワクチンはありません。私たちは、前赤血球段階をターゲットとした熱帯性マラリアワクチン候補VLPM01を開発し、同ワクチンは前臨床試験において有望な結果を示しました。今回の助成金は、現在有効な治療法がない疾患のために、革新的なワクチンを開発し、公衆衛生の改善に貢献するという我々のコミットメントをさらに推し進めることに繋がります。」と述べました。

VLP Therapeuticsについて

VLP Therapeuticsは、その創業者である赤畑博士が発見した独自のワクチン技術を基盤として、経験豊かな起業家のグループとともに2012年に設立されました。そのビジョンは、革新的なi-αVLP技術を通じて、21世紀のグローバルな公衆衛生問題に取り組むことです。世界のアンメット・メディカル・ニーズに対応するために、従来のワクチンと標的抗体療法を一変させる治療を開発することをミッションとします。VLP Therapeuticsは現在、がん、感染症、自己免疫疾患、及び神経疾患の予防及び治療ワクチンと次世代抗体医薬の開発を行っています。