プレスリリース

プレスリリース 2016-12-30T16:45:33+00:00

癌ワクチン開発をさらに推進するためTomyK Ltd. より転換社債による出資を獲得

2017.05.09|

2017年5月9日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグを拠点とする治療および予防用ワクチンと抗体医薬の研究開発に特化したバイオテクノロジー会社、以下、「VLP」) は、エンジェル投資家の鎌田富久博士から(同氏が運営するスタートアップ支援の会社TomyK Ltd.を通じて)、転換社債による出資を獲得したことを発表しました。TomyKでは、新しい市場を開拓し、革新的な技術で新産業を創出するテクノロジー・スタートアップをサポートしています。

VLP Therapeuticsが免疫チェックポイントPD-1/PD-L1/PD-L2 挿入アルファウイルスVLPに関する重要な米国物質特許の登録査定を取得

2017.04.19|

本特許は免疫チェックポイントPD-1/PD-L1/PD-L2 挿入アルファウイルスVLPの物質ならびにがん治療への使用を保護します。

VLP Therapeuticsのデング熱ワクチン開発にGHIT Fundが資金提供

2016.10.05|

2016年10月5日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグ、以下、「VLP Therapeutics」)は、デング熱の4つの血清型すべてを標的にするウイルス様粒子を使ってデング熱に対する新しいワクチンを開発するための初期段階研究に、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)から約96万ドルの資金を獲得したことを発表しました。

VLP Therapeuticsが米国防総省から240万ドルの助成金を獲得

2016.07.14|

2016年7月14日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグ、以下、「VLP Therapeutics」)は、マラリアワクチンの開発を推進するため、米国防総省から240万ドルの助成金を獲得したことを発表しました。

VLP TherapeuticsがInternational Conference on Vaccines Research R&D 2015(ワクチン研究および開発国際会議2015)で講演

2015.11.02|

VLP Therapeutics, LLC.(「VLP」)は、VLPの最高経営責任者である赤畑渉博士が、2015年11月3日火曜日、東部標準時間午後4:00にInternational Conference on Vaccines Research and Development 2015(ワクチン研究および開発国際会議2015)において講演を行う予定であることを発表しました。同会議は、メリーランド州リンティカム市のDoubleTreeヒルトン・バルティモア・ワシントン国際空港で開催されます。

VLP Therapeuticsが日本の国立がん研究センターとの共同研究を開始

2015.06.04|

VLP Therapeutics, LLC(「VLP」)は、日本の国立がん研究センターの国立がん研究センター研究所との共同研究を開始したことを発表しました。この共同研究は、VLPのがんワクチン候補の研究開発の促進に役立つと期待されています。