Press Release [JA]

VLP Therapeuticsのデング熱ワクチン開発にGHIT Fundが資金提供

2016.10.05|

2016年10月5日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグ、以下、「VLP Therapeutics」)は、デング熱の4つの血清型すべてを標的にするウイルス様粒子を使ってデング熱に対する新しいワクチンを開発するための初期段階研究に、グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)から約96万ドルの資金を獲得したことを発表しました。

VLP Therapeuticsが米国防総省から240万ドルの助成金を獲得

2016.07.14|

2016年7月14日、VLP Therapeutics, LLC(米国メリーランド州ゲイザースバーグ、以下、「VLP Therapeutics」)は、マラリアワクチンの開発を推進するため、米国防総省から240万ドルの助成金を獲得したことを発表しました。

VLP TherapeuticsがInternational Conference on Vaccines Research R&D 2015(ワクチン研究および開発国際会議2015)で講演

2015.11.02|

VLP Therapeutics, LLC.(「VLP」)は、VLPの最高経営責任者である赤畑渉博士が、2015年11月3日火曜日、東部標準時間午後4:00にInternational Conference on Vaccines Research and Development 2015(ワクチン研究および開発国際会議2015)において講演を行う予定であることを発表しました。同会議は、メリーランド州リンティカム市のDoubleTreeヒルトン・バルティモア・ワシントン国際空港で開催されます。

VLP Therapeuticsが日本の国立がん研究センターとの共同研究を開始

2015.06.04|

VLP Therapeutics, LLC(「VLP」)は、日本の国立がん研究センターの国立がん研究センター研究所との共同研究を開始したことを発表しました。この共同研究は、VLPのがんワクチン候補の研究開発の促進に役立つと期待されています。

VLP Therapeuticsがジョンズ·ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部と共同研究を開始

2015.06.04|

VLP Therapeutics, LLC(「VLP」)は、ジョンズ·ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部と、VLPのマラリアワクチン候補に関する共同研究を開始したことを発表しました。

VLP Therapeutics、長崎大学熱帯医学研究所と共同研究で合意

2015.04.01|

VLP Therapeutics, LLC(「VLP」)は、日本の長崎大学熱帯医学研究所と共同研究に合意したことを発表しました。共同研究により、VLPのデングワクチン候補の研究開発が促進されることが期待されています。

VLP Therapeuticsがモンゴメリー郡経済開発局から2015年Life Sciences Impact Grant Awardを獲得

2015.03.02|

独自の新規ワクチン技術に基づく治療用および予防用ワクチンと次世代抗体医薬の研究開発を進め、ゲーサーズバーグを拠点とするバイオテクノロジー企業であるVLP Therapeutics, LLC(「VLP」)は、モンゴメリー郡経済開発局(MCDED)から2015年Life Sciences Impact Grant Awardを獲得したことを、今日発表しました。

VLP Therapeuticsが上野隆司博士を議長兼最高医学責任者に任命

2014.03.25|

新規かつ独自のi-αVLP技術(「挿入アルファウイルス様粒子」の略)に基づく次世代抗体医薬と治療用および予防用ワクチンの研究開発を進め、ロックビルを拠点とするバイオテクノロジー企業であるVLP Therapeutics, Inc.(「VLP」)は、共同創業者および前議長で、Sucampo Pharmaceuticals, Inc.(Nasdaq: SCMP)の最高経営責任者兼最高科学責任者である、上野隆司 医師、博士、博士が、本日付で議長兼最高医学責任者としてVLPに加わると発表しました。