中田 美佐子

共同創業者および知的財産顧問

90年代初期より上野博士と久能博士のもとで知的財産業務に従事、上野博士と久能博士によるSucampo社設立後2016年10月にSucampo社を退職するまで、最高知的財産責任者として知的財産の戦略的保護に大きく貢献し、グロバール事業拡大に大きな役割を果たしました。その間、2003年9月にSucampo社日本法人の取締役に就任、2004年7月にSucampo社日本法人の代表取締役に就任し、AMITIZA®(ルビプロストン)の研究開発、提携、商業化にも大きく貢献しました。また、2010年から6年間、第一種医薬品の総括製造販売責任者としても務めています。

現在は、関連会社の取締役を務めるとともに、コンサルタントとして独立、長年培った多岐に渡る豊富な経験を生かして、知的財産に関するアドバイスを行っています。